国内外ニュース

米中、ASEANで綱引き 「関与」「良き隣国」協力訴え 

 13日、マニラで中国ASEAN首脳会議に出席した中国の李克強首相(ロイター=共同)  13日、マニラで中国ASEAN首脳会議に出席した中国の李克強首相(ロイター=共同)
 【マニラ共同】米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が13日、マニラで開かれ、トランプ大統領は「自由で開かれたインド太平洋」の重要性を訴え「米国はASEANへの関与を続ける」と約束した。中国の李克強首相もASEANとの首脳会議に臨み「ASEANの良き隣国となるよう協力する」と強調した。南シナ海の領有権問題解決に向けた「行動規範」の条文作成協議開始も宣言、来年3月にベトナムで開かれる見通し。

 北朝鮮への包囲網強化や、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題で連携を求めるトランプ氏に対し、李氏は南シナ海問題の批判をかわしつつ経済連携の強化を図る考え。

(11月13日21時31分)

国際(11月13日)