国内外ニュース

世界の科学者1万5千人が声明 「持続可能な暮らしに転換を」

 梶田隆章さん  梶田隆章さん
 地球温暖化や自然破壊による破滅的な被害を防ぐため、人類は一刻も早く持続可能な暮らしに転換する必要があるとする声明に、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんを含む世界の科学者1万5千人以上が署名し、米科学誌に14日発表した。

 声明は「人類は未来を危険にさらしている。残された時間は少ない」と警告。化石燃料から再生可能エネルギーに切り替え、豊かな生態系を保全するよう政府や市民に求めた。

 梶田さんは「気候変動は非常に厳しい状況にある。多くの人に問題の深刻さを知ってもらいたい」と話している。

 声明によると、過去25年間に気温は約0・5度上昇した。

(11月14日8時06分)

科学・環境(11月14日)