国内外ニュース

クジラの骨を発掘完了、標本へ 徳島・阿南、昨年1月漂着

 つり上げられるマッコウクジラの頭骨=13日午後、徳島県阿南市  つり上げられるマッコウクジラの頭骨=13日午後、徳島県阿南市
 徳島県阿南市の中林海岸に昨年1月、漂着して死亡し、砂浜に埋められたマッコウクジラについて、国立科学博物館の研究者ら約20人が14日、骨を掘り出す作業を完了した。今後、標本にする。若い雄で死亡時の推定は体長約10メートル、重さ17トン。約100点の骨が地中約3メートルから次々と取り出された。

 作業は13日から重機などを使って始まり、14日は搬出作業をした。長さ約3メートルの頭骨や背骨、肋骨、上歯などを回収した。阿南市と国立科学博物館が標本にすることを協議し実現。研究用に同館の施設に保管される。

(11月14日17時51分)

科学・環境(11月14日)