国内外ニュース

TPP、3項目を追加凍結で調整 11カ国、署名へ交渉加速

 環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国がベトナムでの閣僚会合で積み残した4項目のうち、ベトナムなどが求めていた3項目を凍結する方向で調整に入ったことが14日、分かった。政府関係者が明らかにした。残るカナダの要求は協議が難航しており、政府は署名に向けて交渉を加速させたい考えだ。自民党は14日、国内対策の議論を本格化させた。

 11カ国はベトナムで開いた閣僚会合で、新協定の内容に大筋合意した。米国離脱に伴い、著作権の保護期間など20項目を凍結することで決着したが、このほかに4項目の協議を継続することにしていた。

(11月14日19時51分)

経済(11月14日)