国内外ニュース

神戸製鋼、新たにJIS法違反 国際規格取り消しも

 神戸製鋼所のグループ会社コベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)の銅管製品が、工業製品の品質や安全性の基準である日本工業規格(JIS)の認証を取り消されたことが15日、分かった。規格を満たさない製品にJISマークを付けて出荷していた。この工場でJISに関する法令違反が発覚するのは10月に続き2回目。

 秦野工場が、国際標準化機構(ISO)の品質管理に関する国際規格の認証を取り消されたことも判明した。品質管理の体制が不十分だと判断された。

 ISOやJISなどの規格は製品の性能や品質管理体制を保証し、取引の条件に指定する会社もある。

(11月15日16時46分)

経済(11月15日)