国内外ニュース

イラン地震「72時間」迫る 懸命捜索、時間との闘い

 救助犬とともに不明者を捜索する救助隊=14日、イラン西部サルポレザハブ(共同)  救助犬とともに不明者を捜索する救助隊=14日、イラン西部サルポレザハブ(共同)
 【サルポレザハブ共同】イラン西部のイラク国境付近で起きた地震で、生存率が急速に低下するとされる「発生から72時間」が15日夜(日本時間16日未明)に迫る中、救急隊は15日も懸命の捜索活動を続けた。時間との闘いの中、現場では生存者に関する情報が交錯し、困難に直面している。

 地震による死者は530人に達しイラク側でも10人以上が死亡。負傷者は両国で約8千人になった。まだ倒壊家屋の下敷きになっている不明者がいるとみられ、死傷者はさらに増える可能性がある。

(11月15日18時21分)

国際(11月15日)