国内外ニュース

NY州「規制逃れを懸念」 三菱UFJの監督当局変更

 三菱東京UFJ銀行ニューヨーク支店が入るビル(中央)=15日(共同)  三菱東京UFJ銀行ニューヨーク支店が入るビル(中央)=15日(共同)
 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は15日、三菱東京UFJ銀行が、米ニューヨーク州当局によるニューヨーク支店の検査中に同支店の監督権限を州当局から連邦当局に変更したと報じた。州当局は連邦当局に宛てた13日付の書簡で、監督が厳しい州当局からの「規制逃れ」の懸念を指摘したという。

 州当局は2013~14年にイランなどへの経済制裁違反事案を巡り、三菱UFJに計5億6500万ドル(約640億円)の罰金などを科した。さらに再発防止策が不十分として、新たな罰則を科す準備をしていた。

(11月16日6時55分)

経済(11月16日)