国内外ニュース

米商務長官、出資引き揚げを表明 ロシア疑惑で批判かわす

 ロス米商務長官と関係の深い海運会社がプーチン・ロシア大統領に近い会社と多額取引をしていた問題で、米商務省報道官は16日までに、「ロス氏は既に海運会社につながる出資の大半を引き揚げており、近く完全に引き揚げる」と表明した。トランプ政権の重要閣僚の新たなロシア疑惑を巡り野党民主党が追及を強める中、ロス氏は問題の海運会社との関係を清算して、批判をかわす狙いとみられる。

 ロス氏の疑惑については、民主党の6人の上院議員が商務省監察官に対し、ロス氏が実際に出資を引き揚げたかや、商務長官の職務倫理に違反していないかなどについて調査を求めた。

(11月16日12時15分)

国際(11月16日)