国内外ニュース

ロシア、平昌大会参加難しい状況 反ドーピング機関の資格回復せず

 ソウルで開催されている世界反ドーピング機関(WADA)の理事会=16日(AP=共同)  ソウルで開催されている世界反ドーピング機関(WADA)の理事会=16日(AP=共同)
 【ソウル共同】世界反ドーピング機関(WADA)は16日、ソウルで理事会を開き、2015年11月から停止しているロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格回復を見送った。WADAの判断は、来年2、3月に迫った平昌冬季五輪・パラリンピックへのロシア選手団の出場停止につながる可能性があり、同国は厳しい状況に追い込まれた。

 昨年のリオデジャネイロ大会からロシアを全面除外した国際パラリンピック委員会(IPC)は、RUSADAの資格回復が平昌大会出場の可否を判断する上で大きな材料になるとしており、年内にも判断する見通し。

(11月16日13時35分)

国際大会(11月16日)