国内外ニュース

横浜スタジアム、約6千席増設 20年までに、五輪の野球場

 横浜スタジアムの改修イメージ(DeNA球団提供)  横浜スタジアムの改修イメージ(DeNA球団提供)
 DeNAと横浜スタジアムの運営会社は16日、2020年東京五輪の野球・ソフトボールの主会場に正式承認された同球場を20年3月までに約6千席を増設し、収容人員を約3万5千人とする改修計画を発表した。今月25日に起工式を行う。

 19年シーズンから一塁側上部のスタンドとバックネットの個室観覧席に増席する約4千席を稼働させ、20年3月までに三塁側上部の増席も完了する予定。

 今季の主催試合での観客動員率は96・2%と好調でチケットの入手が困難になっている。岡村信悟社長は「より多くの観覧機会をより多くの皆さまに提供しないといけない」と話した。

(11月16日16時56分)

プロ野球(11月16日)