国内外ニュース

東京円、113円前半

 16日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=113円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比25銭円安ドル高の1ドル=113円24~25銭。ユーロは14銭円高ユーロ安の1ユーロ=133円30~34銭。

 前日の米長期金利の低下で、朝方は円買いドル売りが先行した。その後は日経平均株価の持ち直しなどを背景に、投資家が積極姿勢となり安全資産とされる円を売る動きが優勢となった。

 市場では「株価の乱高下に加え、米税制改革の先行き不透明感もあって様子見ムードも強い」(外為ブローカー)との声があった。

(11月16日18時05分)

経済(11月16日)