国内外ニュース

機構理事が核ごみ説明会で謝罪 謝礼動員「不信招いた」

 盛岡市で開かれた、核ごみ最終処分場の候補地選定に関する意見交換会=16日午後  盛岡市で開かれた、核ごみ最終処分場の候補地選定に関する意見交換会=16日午後
 経済産業省と原子力発電環境整備機構(NUMO)は16日、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の候補地選定の手続きを説明する市民との意見交換会を盛岡市で開いた。謝礼を持ち掛けて学生らを参加させていた問題の発覚後は初めて。NUMOの伊藤真一理事は「公正性に関する不信を招きかねなかった。深くおわびしたい」と謝罪した。

 NUMOは広報業務を委託されたマーケティング企画会社が謝礼の提供を持ち掛けたと説明。参加者からは「動員で国民の合意形成がゆがめられる」「(自分たちでやらずに)なぜ委託する必要があるのか」などの厳しい意見が相次いだ。

(11月16日19時06分)

科学・環境(11月16日)