国内外ニュース

亡命軍人、20代の下士官級 北朝鮮から、韓国機関報告

 【ソウル共同】南北軍事境界線がある板門店で13日に発生した北朝鮮の男性軍人の韓国亡命を巡り、韓国の情報機関、国家情報院は16日、軍人は20代半ばの下士官級で、板門店の共同警備区域(JSA)内に配置される組織の所属だと国会に報告した。非公開の国会情報委員会に出席した与党議員が明らかにした。

 軍人は亡命の際に北朝鮮側の銃撃を受け、内臓損傷など危険な状態が続いているとみられる。国情院が示した身元情報の根拠は明らかにされていない。

(11月16日19時50分)

国際(11月16日)