国内外ニュース

米大統領、テロ指定かを来週判断 北朝鮮巡り

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は16日の記者会見で、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかトランプ大統領が来週前半にも発表するとの見通しを明らかにした。米国では北朝鮮が米本土を狙う核搭載大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を急ぐ中、議会を中心に再指定を求める声が強まっている。

 トランプ氏は16日のツイッターで、中国の習近平国家主席の特使が17日に北朝鮮を訪問することについて「大きな動きだ。何が起きるか見てみよう」と投稿。中国による働き掛けの結果を注視した上で、再指定について最終的な決断を下す可能性がある。

(11月17日7時41分)

国際(11月17日)