国内外ニュース

大リーグ、アルテューベがMVP スタントンとともに初受賞

 ア・リーグのMVPに選ばれたアストロズのアルテューベ(MLB提供・ゲッティ=共同)  ア・リーグのMVPに選ばれたアストロズのアルテューベ(MLB提供・ゲッティ=共同)  ナ・リーグのMVPに選ばれたマーリンズのスタントン(ゲッティ=共同)  ナ・リーグのMVPに選ばれたマーリンズのスタントン(ゲッティ=共同)
 【ニューヨーク共同】米大リーグの最優秀選手(MVP)が16日に発表され、ア・リーグはワールドシリーズを初めて制したアストロズのアルテューベ内野手、ナ・リーグはマーリンズのスタントン外野手が選ばれた。ともに初受賞。

 27歳で168センチのアルテューベは打率3割4分6厘で2年連続3度目の首位打者を獲得。24本塁打、81打点で32盗塁はリーグ3位だった。

 28歳で198センチのスタントンは59本塁打で2度目の本塁打王となり、132打点と合わせて2冠を獲得。打率は2割8分1厘だった。

 同賞はプレーオフ前に実施される全米野球記者協会の投票で決まる。

(11月17日10時21分)

MLB(11月17日)