国内外ニュース

原発事故の指定廃棄物、搬入開始 福島県富岡町の処分場で全国初

 福島県富岡町の処分場で始まった、東京電力福島第1原発事故による指定廃棄物などの搬入作業=17日午前11時8分  福島県富岡町の処分場で始まった、東京電力福島第1原発事故による指定廃棄物などの搬入作業=17日午前11時8分
 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物などを埋め立てる同県富岡町の処分場に廃棄物の搬入を始めた。処分場の稼働は全国初。指定廃棄物は9月末時点で11都県に計約20万トンあり、福島県分が約17万トンを占める。同省は各都県で処分する方針だが、福島県以外では計画は進んでいない。

 搬入する指定廃棄物は、放射性セシウムが1キログラム当たり8千ベクレル超10万ベクレル以下の汚泥や焼却灰、稲わらなどで、今後6年かけて運び込む。がれきなどの災害廃棄物や周辺自治体の生活ごみも一緒に埋め立てる。

(11月17日11時41分)

科学・環境(11月17日)