国内外ニュース

小6女児が自宅で自殺か、埼玉 訪れた教員が発見

 17日午前9時半ごろ、埼玉県鶴ケ島市の住宅を訪れた男性教員から、「女の子の意識がない」と119番があった。この住宅に住む小学6年の女児(11)が敷地内で血を流して死亡しており、県警は状況から自殺の可能性が高いとみて調べている。

 県警によると、女児の携帯電話から自殺をほのめかすようなメモが見つかった。倒れていた付近の2階の窓が開いており、飛び降りた可能性がある。16日夜から女児の姿が見えなかったため、母親が17日朝に小学校に連絡した。女児は両親と3人暮らしとみられる。

 鶴ケ島市教育委員会は、いじめの有無やトラブルについて調査中としている。

(11月17日14時26分)

社会(11月17日)