国内外ニュース

画家バスキアの絵12億円で落札 オノ・ヨーコさんが20年間所有

 ニューヨークでの競売を前に、米国人画家バスキアの絵画「カブラ」を展示する関係者=10月6日、ロンドン(AP=共同)  ニューヨークでの競売を前に、米国人画家バスキアの絵画「カブラ」を展示する関係者=10月6日、ロンドン(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】芸術家オノ・ヨーコさんが約20年間、所有していた米国人画家ジャンミシェル・バスキアの絵画が16日、競売大手サザビーズで競売に掛けられ、1095万3500ドル(約12億3千万円)で落札された。落札予想価格は900万~1200万ドルだった。落札者は明らかにされていない。

 売上金の一部は、オノさんと夫でビートルズの元メンバーの故ジョン・レノンさんが設立した慈善基金に寄付されるという。

 絵画の題は「カブラ」。バスキアはニューヨーク生まれで、建物などに落書きする「グラフィティ・アート」で人気を集めたが、薬物の過剰摂取により27歳で死去した。

(11月17日13時40分)

文化・芸能(11月17日)