国内外ニュース

転覆の北朝鮮漁船から3遺体発見 能登半島沖、9管本部

 転覆した漁船を捜索する潜水士ら=17日、能登半島沖の日本海(第9管区海上保安本部提供)  転覆した漁船を捜索する潜水士ら=17日、能登半島沖の日本海(第9管区海上保安本部提供)
 第9管区海上保安本部(新潟)は17日、能登半島沖で転覆しているのが見つかった北朝鮮の漁船内を捜索し、男性3人の遺体を発見したと明らかにした。遺体は北朝鮮側に引き渡す調整をしている。船からは既に男性乗組員3人が救助され、付近を航行中の北朝鮮漁船に引き渡されている。

 9管本部によると、15日午後3時40分ごろ、能登半島沖約360キロの日本海上で、巡視船が転覆した木造の小型船(全長約20メートル)を発見、船底上にいた3人を救助した。3人は「漁をして北朝鮮に帰る途中だった。乗組員は15人」と説明した。他に行方不明になったとみられる乗組員は見つかっていない。

(11月17日17時06分)

社会(11月17日)