国内外ニュース

黒染め強要問題で学校主張、大阪 「生来の髪色でない」

 大阪府立懐風館高3年の女子生徒が生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らに強要され不登校になったとして府を訴えたことを巡り、府教育庁は17日、同校が「生まれつきの髪の色になっていないと判断し、指導した」と説明していると明らかにした。

 教育庁によると、同校は髪の根元の部分をチェックして生まれつきの髪の色を判断。同じ学年では女子生徒のほか16人に対し、生え際と髪全体の色が違うとして、黒くするよう指導したという。

 一方、茶色っぽい髪でも学校側が地毛と判断し、指導をしていない生徒も約40人いるという。

(11月17日19時10分)

社会(11月17日)