国内外ニュース

米女子ゴルフ、上原39位に後退 CMEツアー選手権第2R

 第2ラウンド、15番でラインを読む上原彩子。通算1アンダーで39位=ティブロンGC(共同)  第2ラウンド、15番でラインを読む上原彩子。通算1アンダーで39位=ティブロンGC(共同)
 【ネープルズ(米フロリダ州)共同】米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は17日、フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、36位で出た上原彩子は1イーグル、2バーディー、4ボギーの72で回り、通算1アンダーの143で39位に後退した。

 65と伸ばした朴城ヒョン(韓国)が通算12アンダー、132で首位、3打差の2位にサラジェーン・スミス(オーストラリア)とカロリーン・マソン(ドイツ)が並んだ。2週連続優勝のフォン・シャンシャン(中国)は73と伸ばせず通算1アンダーで39位。出場74選手で予選落ちはない。

(11月18日9時56分)

ゴルフ(11月18日)