国内外ニュース

ラグビー、帝京大が7連覇 関東大学リーグ、最多に並ぶ

 明大を破って7年連続8度目の優勝を決め、声援に応える帝京大フィフティーン=ニッパツ球技場  明大を破って7年連続8度目の優勝を決め、声援に応える帝京大フィフティーン=ニッパツ球技場
 ラグビーの関東大学リーグは18日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場などで行われ、対抗戦は帝京大が明大を41―14で下し、6戦全勝で1試合を残して7年連続8度目の優勝を決めた。関東協会によると、対抗戦の7連覇は1970~76年度、2001~07年度の早大に並ぶ最多。

 明大は4勝2敗。試合のなかった早大と慶大はともに4勝1敗で、帝京大と同時優勝の可能性を残している。

 リーグ戦は大東大が東海大との全勝対決に12―5で競り勝ち、6連勝の勝ち点24で最終戦を残して事実上の優勝を決めた。大東大は25日の中大戦を棄権しない限り、22年ぶり8度目の優勝が決まる。

(11月18日17時22分)

スポーツ(11月18日)