国内外ニュース

ケプカが首位、松山は6位後退 男子ゴルフ第3日

 第3日、1番グリーンで笑顔を見せるブルックス・ケプカ。通算16アンダーで単独首位=フェニックスCC  第3日、1番グリーンで笑顔を見せるブルックス・ケプカ。通算16アンダーで単独首位=フェニックスCC
 ダンロップ・フェニックス第3日(18日・宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71)連覇を狙う全米オープン選手権覇者のブルックス・ケプカ(米国)が8バーディー、1ボギーの64で回り、通算16アンダーの197で2位に4打差をつけ首位を守った。2位から出た松山英樹は71とスコアを伸ばせず、8アンダーの6位に後退した。

 通算12アンダーの2位は李尚熹(韓国)。さらに1打差の3位に昨季米ツアー2勝、24歳のザンダー・シャウフェレ(米国)、9アンダーの5位は武藤俊憲。63をマークした宮里優作が4アンダーの16位に浮上し、石川遼はイーブンパーの37位となった。

(11月18日18時00分)

ゴルフ(11月18日)