国内外ニュース

パリ協定開始へ険しい道 ルール作り、来年末期限

 【ボン共同】ドイツ・ボンでの気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は18日、予定を1日延期する激しい交渉の末、パリ協定が始まる2020年より前の取り組みを含む国際的な温暖化対策に関する決議を採択し、閉幕した。

 来年が期限のパリ協定の実施ルール作りに関しては、合意が成立したのは、今後の議論の進め方など手続き関連がほとんどだった。どんな要素を盛り込むかについては、各国の意見の隔たりが大きく、併記にとどまった。来年は険しい交渉の道が待ち受けるのが確実で、4~5月に予定される会合が最初の本格論戦の場になる。

(11月18日19時35分)

科学・環境(11月18日)