国内外ニュース

聖書博物館がワシントンで開館 トランプ政権下の展示注目

 さまざまな聖書が展示された聖書博物館=15日、ワシントン(ゲッティ=共同)  さまざまな聖書が展示された聖書博物館=15日、ワシントン(ゲッティ=共同)  聖書博物館の子ども向け体験コーナー=15日、ワシントン(ゲッティ=共同)  聖書博物館の子ども向け体験コーナー=15日、ワシントン(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18日、米首都ワシントン中心部にオープンした。トランプ大統領が支持基盤キリスト教右派の権利拡大を狙う政策を打ち出す中、展示内容に注目が集まっている。

 博物館は全米で家庭・手芸用品チェーンを展開するキリスト教右派のグリーン一族が運営。一族は前政権が導入した医療保険制度(オバマケア)で雇用主に義務付けられた避妊薬の無料提供は「信教の自由」に反すると訴えたことがある。

 屋上庭園や約470席の劇場を擁する博物館には、一族が収集した貴重な写本など世界有数の資料数千点が展示されている。

(11月19日8時41分)

国際(11月19日)