国内外ニュース

総務省、田舎暮らしや特産品PR 自治法70周年イベント

 総務省主催のイベントで、地方への移住の魅力を語るタレントのスザンヌさん(右)=19日午後、東京都千代田区の東京国際フォーラム  総務省主催のイベントで、地方への移住の魅力を語るタレントのスザンヌさん(右)=19日午後、東京都千代田区の東京国際フォーラム
 総務省は19日、地方自治法の施行70周年を記念した関連イベント「地域の魅力発信&移住交流フェア」を、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開いた。47都道府県と約80市町村がブースを設け、自治体関係者らが田舎暮らしの楽しさや特産品、伝統工芸品といった地方の特色をPRした。

 会場では、奈良県川上村に移住している「地域おこし協力隊」の隊員らが、吉野杉で作った箸などを配り、同村の豊かな自然をアピール。栃木県栃木市の職員らは、首都圏へのアクセスの良さや子育て世帯への支援策を紹介し、市への移住を呼び掛けた。

(11月19日15時50分)

暮らし・話題(11月19日)