国内外ニュース

小林潤が初優勝 W杯ジャンプ男子個人

 2回目の飛躍を終え、ガッツポーズする小林潤志郎=ビスワ(共同)  2回目の飛躍を終え、ガッツポーズする小林潤志郎=ビスワ(共同)
 【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ポーランドのビスワで個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク)が合計260・5点で初優勝した。

 これまで個人戦で13位が最高だった小林潤は、1回目に124メートルで2位につけ、2回目に126・5メートルを飛んで逆転した。カミル・ストッフ(ポーランド)が2位、昨季個人総合王者のシュテファン・クラフト(オーストリア)が3位。潤志郎の弟の小林陵侑(土屋ホーム)は26位、伊東大貴(雪印メグミルク)は29位だった。

(11月20日1時15分)

スポーツ(11月20日)