国内外ニュース

神戸の中3自殺、追加調査を要望 遺族が第三者委に

 第三者委員会による追加調査を申し入れる遺族(左から2人目)ら=20日午前、神戸市役所  第三者委員会による追加調査を申し入れる遺族(左から2人目)ら=20日午前、神戸市役所
 神戸市垂水区で昨年10月に死亡し、自殺を図ったとみられる市立中3年の女子生徒=当時(14)=を巡り、遺族が20日、神戸市教育委員会が設置した第三者委員会による調査が不十分だとして、追加調査するよう第三者委に申し入れた。遺族は、ほかの生徒によるいじめが原因で自殺したと訴えている。

 遺族の申し入れ書によると、第三者委は今年8月、遺族に調査結果を提示。遺族の情報に依拠し、断片的にいじめの事実を認定しただけで、背景事情への踏み込みが足りないとして、遺族は2度にわたり質問書を出したが、提示した内容で調査を打ち切ると伝えられたとしている。

(11月20日10時36分)

社会(11月20日)