国内外ニュース

東京円、112円台前半

 週明け20日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比46銭円高ドル安の1ドル=112円11~12銭。ユーロは1円02銭円高ユーロ安の1ユーロ=131円67~68銭。

 トランプ米政権のロシア疑惑再燃や税制改革の先行き不透明感から、ドルを売り、相対的に安全な資産とされる円を買う動きが先行した。

 市場では「ドイツ保守与党などの連立政権協議が決裂したことも、投資家の消極姿勢を強めている」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

(11月20日10時36分)

経済(11月20日)