国内外ニュース

ボクシング世界戦の最短KO更新 WBOバンタム級、テテが11秒

 南アフリカのゾラニ・テテ=2014年  南アフリカのゾラニ・テテ=2014年
 英大衆紙デーリー・ミラー(電子版)は19日、北アイルランドで18日に行われた世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチで世界戦の史上最短KOとなる11秒の記録が生まれたと報じた。王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が開始直後に挑戦者の顔にパンチを当てて倒した。これまでの記録は1994年の世界戦での17秒。

 日本選手の試合では2002年の世界戦で挑戦者の内藤大助が34秒でKO負けした例がある。(共同)

(11月20日13時41分)

スポーツ(11月20日)