国内外ニュース

飲酒事故、沖縄米軍トップが謝罪 対策不十分と翁長氏抗議

 会談に臨む沖縄県の翁長雄志知事(右)を頭を下げて迎えるニコルソン在日海兵隊司令官(中央)=20日午後、沖縄県庁  会談に臨む沖縄県の翁長雄志知事(右)を頭を下げて迎えるニコルソン在日海兵隊司令官(中央)=20日午後、沖縄県庁
 沖縄に駐留する米海兵隊員が那覇市で飲酒運転し死亡事故を起こした疑いで逮捕された事件で、在沖縄米軍トップを兼務するニコルソン在日海兵隊司令官は20日午後、沖縄県庁を訪れ、翁長雄志知事に「心からの謝罪」を伝えた。翁長氏は「米軍の対策は極めて不十分だ」と強く抗議した。

 冒頭、翁長氏に対し深々と頭を下げたニコルソン氏は「米軍を代表し被害者、そして遺族に哀悼と謝罪の意を表明したい。われわれの駐留の結果、事件が起き大変残念だ」と述べた。さまざまな再発防止策を講じてきたとした上で「努力が足りなかった。事件・事故削減への取り組みを強化したい」と強調した。

(11月20日19時32分)

社会(11月20日)