国内外ニュース

横綱稀勢の里関が休場 4場所連続、平幕に5敗

 横綱稀勢の里  横綱稀勢の里
 大相撲の東横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が、九州場所10日目の21日から休場することが決まった。4場所連続5度目の休場。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が同日、明らかにした。9日目に宝富士関に敗れ、1場所5個の金星配給でワースト記録に並んでいた。鶴竜関と、平幕貴ノ岩関への暴行問題を起こした日馬富士関は既に休場しており、9月の秋場所に続く3横綱不在となった。

 田子ノ浦親方によると、左足首や腰に痛みを抱えており、同親方は「いろいろなところをかばっている。しっかり治療するしかない」と話した。

(11月21日9時25分)

相撲(11月21日)