国内外ニュース

EUの2機関、仏オランダ移転へ 英離脱でロンドン退去

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は20日、英国のEU離脱に伴いロンドンを退去するEU2機関、欧州医薬品庁(EMA)と欧州銀行監督機構(EBA)の移転先を、それぞれオランダ・アムステルダムとフランス・パリに決めた。英国を除く27加盟国の投票などで選んだ。

 2機関は英国の離脱直後から両都市で稼働する。離脱交渉はメイ英政権の混乱などのため遅れが目立つが、EU側は離脱後の準備を本格化しつつある。

 EMAはスペイン・バルセロナなど19都市、EBAはドイツ・フランクフルトなど8都市が移転先に立候補。激しい誘致合戦を繰り広げた。

(11月21日9時21分)

国際(11月21日)