国内外ニュース

東京円、112円台半ば

 21日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台半ばで取引された。

 午前10時現在は、前日比55銭円安ドル高の1ドル=112円59~60銭。ユーロは54銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円22~26銭。

 朝方は前日の米株高や米長期金利の上昇を背景に、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが先行した。その後は小幅な値動きにとどまった。

 トランプ米大統領が20日、北朝鮮をテロ国家に再指定すると発表。市場では「米朝間の緊張の高まりが投資家心理を慎重にしている」(外為ディーラー)との声があった。

(11月21日10時19分)

経済(11月21日)