国内外ニュース

人権派弁護士に懲役2年、中国 国家政権転覆扇動罪に問われ

 21日、中国湖南省長沙市の中級人民法院が短文投稿サイト「微博」で公開した判決公判に臨む江天勇氏(中央)の写真(共同)  21日、中国湖南省長沙市の中級人民法院が短文投稿サイト「微博」で公開した判決公判に臨む江天勇氏(中央)の写真(共同)
 【北京共同】中国湖南省長沙市の中級人民法院(地裁)は21日、中国の社会主義制度の転覆をあおり国家の安全に危害を加えたとして国家政権転覆扇動罪に問われた著名な人権派弁護士、江天勇氏(46)に懲役2年の判決を言い渡した。

 2期目の習近平指導部が10月に発足して以降、人権派弁護士に対する初の判決とみられ、指導部の言論統制強化の方針を鮮明にした。一方で地裁は、江氏が罪を認めたことから情状を酌量し、減軽したとしている。江氏は上訴しない方針。

 地裁によると、江氏は長期間にわたり海外の反中勢力の影響を受け、中国の政府機関や法律制度を攻撃する大量の言論を発表した。

(11月21日13時26分)

国際(11月21日)