国内外ニュース

シリア戦闘、終結近いとロ大統領 アサド氏との会談で

 20日、ロシア南部ソチで会談したロシアのプーチン大統領(右)とシリアのアサド大統領(タス=共同)  20日、ロシア南部ソチで会談したロシアのプーチン大統領(右)とシリアのアサド大統領(タス=共同)
 【モスクワ、カイロ共同】ロシアのプーチン大統領とシリアのアサド大統領が20日、ロシア南部ソチで会談。プーチン氏は「テロリストの最終的な壊滅に近づいており、シリアとの合同軍事行動は終わろうとしている」と指摘した上で、内戦当事者が参加した今後の政治対話の重要性を強調した。ロシア大統領府が21日発表した。

 シリア内戦でアサド政権軍を支援してきたプーチン氏は「今、最も重要なのは政治的なプロセスへの移行だ」と語った。アサド氏も、プーチン氏が提唱している反体制派なども参加した「シリア国民対話会議」などで「対話の用意がある」と述べ、シリア危機の政治的解決に賛同した。

(11月21日22時16分)

国際(11月21日)