国内外ニュース

天皇退位19年4月30日有力 即位・改元は翌5月1日

 記者会見する菅官房長官=22日午前、首相官邸  記者会見する菅官房長官=22日午前、首相官邸
 天皇陛下の退位日を2019年4月30日とし、皇太子さまが翌5月1日に新天皇として即位、改元する案が政府内で有力となった。政府関係者が22日、明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと正式に発表した。陛下が19年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に即位する案もあり、政府は皇室会議での意見を踏まえて最終決定する。

 皇室会議は、議長を務める首相が招集し、衆参両院の正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成される。

(11月22日12時50分)

政治(11月22日)