国内外ニュース

元工場長ら書類送検へ、三重県警 5人死亡、三菱マテリアル爆発

 三重県四日市市の三菱マテリアル四日市工場で2014年1月、社員ら5人が死亡、13人が重軽傷を負った爆発事故で、三重県警が必要な安全対策を怠っていたとして業務上過失致死傷の疑いで、当時の工場長(59)と副工場長(58)を12月上旬にも書類送検する方針を固めたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 事故は14年1月9日、シリコンの製造工程で発生。熱交換器(直径約90センチ、長さ約6メートル)の内部を洗うため、重さ300キロのふたを外した直後に爆発が起き、ふたは約10メートル吹き飛んだ。ふたの衝突や爆風で18人が死傷した。

(11月22日12時50分)

社会(11月22日)