国内外ニュース

地銀12行が「食」の商談会 関西での販路拡大を後押し

 12地銀が参加した商談会であいさつする近畿大阪銀行の中前公志社長=22日、大阪市  12地銀が参加した商談会であいさつする近畿大阪銀行の中前公志社長=22日、大阪市
 近畿大阪銀行は22日、伊予銀行や福井銀行など地方銀行11行と合同で、「食」をテーマにした大規模商談会を大阪市で開いた。各行が取引する18都道府県の食品会社83社が参加し、関西のスーパーや百貨店などへの販路開拓を後押しした。

 商談会は2010年から毎年開催されており、今年は来年4月に経営統合する関西アーバン銀行、みなと銀行に加え、北陸銀行も初めて参加。12地銀が参加するのは過去最多となった。

 近畿大阪銀の中前公志社長は「地域金融機関が連携し、一つ一つの出会いを全力でサポートしたい」と強調した。

(11月22日16時31分)

経済(11月22日)