国内外ニュース

象牙取引、中国で百件超差し止め 環境省が報告書

 環境省などは22日、ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙の違法取引防止に向けた国内外の取り組み状況に関する報告書を公表した。日本から輸出された象牙が中国の税関で差し止められた事例が2011~16年に100件超あったとし、税関当局間での連携強化の必要性を強調した。

 象牙を巡っては、アフリカゾウ絶滅の懸念から米国や中国が国内市場を閉鎖。日本は「適切に管理されている」と国内市場を維持するが、ネット大手の楽天や流通大手イオンなどは国際世論を理由に象牙製品の取り扱い禁止を打ち出している。

(11月22日17時21分)

科学・環境(11月22日)