国内外ニュース

東京円、112円台前半

 22日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=112円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比51銭円高ドル安の1ドル=112円05~06銭。ユーロは36銭円高ユーロ安の1ユーロ=131円74~78銭。

 北朝鮮リスクや米税制改革の先行き不透明感が意識され、朝方から安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表を控え、内容を見極めようと様子見ムードもあった。

 市場ではトランプ米大統領が北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことで「地政学リスクへの警戒感は当面続くだろう」(大手資産運用会社)との声があった。

(11月22日18時20分)

経済(11月22日)