国内外ニュース

自民、年収1千万円超で増税検討 給与、年金の控除縮小

 自民党本部で開かれた税制調査会の総会。2018年度税制改正の議論が本格的に始まった=22日午後、東京・永田町  自民党本部で開かれた税制調査会の総会。2018年度税制改正の議論が本格的に始まった=22日午後、東京・永田町
 自民党は22日、税制調査会の総会を開き、2018年度税制改正の議論を本格的に始めた。働き方や世代の違いによる所得税の不公平感をなくすため、会社員や年金受給者の控除を縮小し、年収1千万円超の人を増税とする案を軸に調整。法人税の優遇措置は一定の賃上げや設備投資を条件に拡充し、企業がため込んだ資金の活用を促す。

 24日に税調総会を開く公明党と連携して制度設計を進め、12月14日に与党大綱を決定する。自民党税調の宮沢洋一会長は総会で「今年は所得税改革の第2弾をやる。地方税も重い課題を抱えており、積極的な議論をお願いしたい」と述べた。

(11月22日18時41分)

経済(11月22日)