国内外ニュース

セルビア人勢力の戦犯に終身刑 国際法廷、民族浄化を処断

 22日、オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷に出廷したムラディッチ被告(同法廷提供・共同)  22日、オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷に出廷したムラディッチ被告(同法廷提供・共同)
 【ハーグ共同】旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(オランダ・ハーグ)は22日、旧ユーゴ崩壊に伴うボスニア・ヘルツェゴビナ内戦でジェノサイド(民族大量虐殺)や人道に対する罪などに問われたセルビア人勢力軍事部門の司令官ラトコ・ムラディッチ被告(75)に対し「罪の重さを考慮すれば、(刑を)軽減する要素はない」として、最も重い終身刑の有罪判決を言い渡した。

 ムラディッチ被告は1992~95年の内戦を巡る「最後の大物戦犯」。イスラム教徒らを排除する「民族浄化」を推進し、第2次大戦後の欧州で最悪となったスレブレニツァでの7千人以上の虐殺を指揮した責任を厳しく処断された。

(11月22日21時51分)

国際(11月22日)