国内外ニュース

NY原油続伸、58ドル台 2年5カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク原油先物相場は大幅に続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の1月渡しが前日比1・19ドル高の1バレル=58・02ドルと、2015年6月下旬以来約2年5カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 主要産油国による協調減産延長への期待に加え、カナダから米国へ原油を運ぶパイプラインで先週、原油漏れが起きた影響で供給減少への懸念も強まり、買い注文が膨らんだ。朝方発表された米週間石油統計で原油在庫が減少したことも相場を支えた。

(11月23日6時11分)

経済(11月23日)