国内外ニュース

ロヒンギャ迫害を米が問題視 「大量虐殺か分析中」

 【ワシントン共同】米国務省高官は22日、ミャンマー西部ラカイン州でのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題について、国際法違反である「大量虐殺」や「人道に対する罪」に該当するかを分析していると明らかにした。結論に至るにはまだ時間がかかるとしている。

 ティラーソン国務長官は22日の声明で、迫害問題が「民族浄化」に当たると宣言した。民族浄化の認定は国際法や米国内法に基づく措置ではないが、国務省高官は「ミャンマー軍と文民政権に対して迅速に問題解決に取り組むよう圧力をかける狙いだ」と説明した。

 ティラーソン氏は迫害問題を受け、対ミャンマー制裁の検討も表明した。

(11月23日9時00分)

国際(11月23日)