国内外ニュース

在日男性が再審で無罪確定、韓国 スパイ事件を捏造

 韓国最高裁で再審無罪が確定し、祝福される金泰洪さん(左から2人目)=23日、ソウル(共同)  韓国最高裁で再審無罪が確定し、祝福される金泰洪さん(左から2人目)=23日、ソウル(共同)
 【ソウル共同】韓国最高裁は23日、1981年に「北朝鮮スパイ」として韓国軍に連行され、国家保安法違反罪などで無期懲役刑が確定し96年まで服役した神戸市の在日韓国人、金泰洪さん(60)の再審で、ソウル高裁の無罪判決を支持して検察の上告を棄却、金さんの無罪が確定した。

 最高裁は、嫌疑全体がでっち上げられたとした6月の高裁判決を追認。軍の防諜部隊、保安司令部(現・機務司令部)が金さんを35日間にわたり令状なしに不法監禁しながら拷問で自白を強要したとされる。

 金さんは判決後「これからはこのような悲しい事件があってはならず、意義ある判決だと思う」と話した。

(11月23日16時10分)

国際(11月23日)