国内外ニュース

犬の土鈴作り最盛期、大阪 羽曳野市の誉田八幡宮

 最盛期を迎えた、来年のえと「戌」にちなんだ犬の土鈴作り=17日、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮  最盛期を迎えた、来年のえと「戌」にちなんだ犬の土鈴作り=17日、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮
 安産の神様で知られる誉田八幡宮(大阪府羽曳野市)で、来年のえと「戌」にちなんだ犬の土鈴作りが最盛期を迎えている。

 大きさは横9センチ、高さ6センチ、奥行き6センチで、戯れる白い犬をイメージしたデザイン。土鈴に付いたひもを持って振ると、素朴な音が出る。素焼きの土鈴に、宮司や職員らが絵の具で色付けし、卓上で乾かすと完成だ。

 1個1300円。年末までに約1600個を作る。

 宮司の中盛秀さん(63)は「犬は主人に吉兆を知らせるので、開運のお守りとして部屋に置いていただき、幸多き年になるようにと願っています」と話している。

(11月23日16時10分)

暮らし・話題(11月23日)