国内外ニュース

協会審判部、横綱白鵬を厳重注意 不服の態度に

 日本相撲協会審判部に入る横綱白鵬関=23日午後、福岡市の福岡国際センター  日本相撲協会審判部に入る横綱白鵬関=23日午後、福岡市の福岡国際センター
 日本相撲協会審判部は23日、大相撲九州場所11日目に敗れた際に立ち合い不成立をアピールし、異例となる不服の態度を示した横綱白鵬関を呼び出し、厳重注意した。

 23日午前に対応を協議した審判部は白鵬関を呼び、伊勢ケ浜審判部長代理(元横綱旭富士)や副部長2人から口頭で注意。白鵬関は「反省しています」と謝罪したという。同部長代理は「負けたら土俵に上がって礼をするのがルールだから、守ってほしい。横綱は一番の見本。自分の価値を下げないよう、きちんと行動するように注意した」と述べた。

(11月23日17時41分)

相撲(11月23日)