国内外ニュース

前所長ら価格案決める立場悪用か 千葉の入札妨害事件

 千葉県松戸市の県東葛飾土木事務所に家宅捜索に入る捜査員=24日午前9時37分  千葉県松戸市の県東葛飾土木事務所に家宅捜索に入る捜査員=24日午前9時37分
 千葉県発注の排水路工事を巡る入札妨害事件で、県東葛飾土木事務所の前所長佐藤政弘容疑者(58)ら官製談合防止法違反の疑いで逮捕された県職員2人が、事務所の担当する工事の予定価格や落札額の下限の目安となる調査基準価格などの案を決める立場だったことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、2人は他に、落札業者を決める際に参考とする各社の技術評価点も、建設会社「岡本組」の取締役だった高松英範容疑者(74)=公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕=に漏らしており、県警は2人が入札情報のほぼ全てを知る立場を悪用していたとみて調べている。

(11月24日10時11分)

社会(11月24日)