国内外ニュース

スキーW杯複合、山元豪が1位 予備飛躍、渡部暁斗は33位

 W杯複合第1戦の予備飛躍で1位となった山元豪=ルカ(ロイター=共同)  W杯複合第1戦の予備飛躍で1位となった山元豪=ルカ(ロイター=共同)
 【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は23日、フィンランドのルカで個人第1戦の予選を兼ねた予備飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、山元豪(ダイチ)が最長不倒の139・5メートルを飛び、143・6点で1位となった。渡部暁斗(北野建設)は110・5メートルの85・4点で33位だった。

 渡部剛弘(ガリウム)は23位、加藤大平(サッポロノルディックク)は24位、渡部善斗(北野建設)は41位で24日の本戦に進出。永井秀昭(岐阜日野自動車)は52位で落選した。

(11月24日10時21分)

スポーツ(11月24日)